アルギニンに副作用はある?子供の身長を伸ばす成長ホルモンを促進する効果あり!

今では身長を伸ばすためにアルギニンが重要な栄養素だということが認知されつつあります。

知らない方にとってはアルギニンって何?と思いますよね。

アルギニンは子供の成長に重要な成長ホルモンの分泌を促してくれる効果があります。

アルギニンの分泌が少ない子はいくら栄養バランスの取れた食事食べても身長は伸びません。

ですがアルギニンの分泌量が多い子は少ない子に比べて身長が伸びているという研究結果も海外で出ています。

そんな子供の成長期にとても重要なアルギニンですが

  • 過剰摂取してしまうと副作用があるのか?
  • どんな副作用が出るのか?
  • アレルギーの危険性はあるのか?
  • 1日に摂取する目安の量は
  • 1日の摂取上限はどのぐらいか?
  • アルギニンが含まれている食品は?
  • 大人用のアルギニンサプリじゃだめなの?

 

このようなアルギニンの疑問や不安について詳しく解説しています。

子供に飲ませるので1番気になるのはアルギニンの副作用だと思います。

そのため始めに以下ではアルギニンの副作用の有無について紹介していきます。

アルギニンに副作用はあるのか?

アルギニンそのものには副作用の危険性はありません。

ですので普通に食事で摂取する分には気にしなくて大丈夫ですよ。

ですが子供の身長を伸ばすために大人のアルギニンサプリを飲ませたりすると過剰摂取によって副作用の危険性が出てきます。

過剰摂取による副作用

アルギニンを過剰に摂取してしまうと以下のような副作用の危険性があります。

  • 胃痛
  • 腹痛
  • 下痢
  • 肝機能の低下

 

アルギニンの摂取上限は15~20g程度が上限とされています。

そのため1日20g以上のアルギニンを摂取してしまうと副作用のリスクが高まります。

さらにこちらは大人の摂取量になるため子供に関してはこれより少ない量がアルギニンの摂取上限になります。

なので大人用のアルギニンサプリなどは絶対にお子さんに飲ませないようにしてください。

 

なぜアルギニンの過剰摂取で副作用が出てしまうのかといいますと

アルギニンは強アルカリ性で、過剰に摂取することで胃や腸に負担がかかってしまうためにだと言われています。

 

ですので副作用は親御さん自身でしっかり管理していただければそれほど怖いものではないですよ!

アルギニンの1日の摂取量の目安

大人で2~9g、子供の場合は4gがアルギニンの1日の摂取量の目安になります。

上記でも紹介しましたがアルギニンの副作用は大人で15~20g以上摂取してしまうの副作用の危険性があります。

子供の場合は15g以上取らない方が無難だと思います。

 

アルギニンは体内で生成することもできますし、食品からも摂取することができる非必須アミノ酸です。

ですが体内で生成できる量が少なく、不足分は食事等で補う必要があります。

 

注意点として体内で生成できるといいましたがあくまで大人は。

子供の場合はまだまだ生成する能力が低いため外から取り入れる必要があります。

 

子供の1日の摂取量の目安である4gって言われてもなかなか想像できませんよね?

ですのでアルギニンが含まれている食品を目安にどのぐらい摂取すれば1日の摂取量を満たすことができるのか以下でご紹介します。

食事で摂取できるアルギニンの量

食品100gに対するアルギニンの量
豚ゼラチン:7.9g
大豆:6.7g
すいか:5.1g
卵白:5g
とびうお:4.9g
にしん:4.6g
たら:4.4g
鰹節:4.3g
ほたて:3.5g
らっかせい:3.3g
全卵:3.1g
えび:2.6g
鶏肉(むねの皮なし):1.5g
豚肉(ロース)1.5g
牛肉:1.3g

食品で意外にアルギニンって摂取できるじゃん!って思っていませんか?

これは100gでのアルギニンの摂取量になりますので食べると結構な量になるんですよ。

 

一番アルギニンを摂取できる豚ゼラチンとは豚肉の脂の部分に多く含まれています。

ですが豚ゼラチンで摂取しようとするとカロリーオーバーになってしまい体に良くないのが現状です。

 

その他肉類でアルギニンを補おうと思うと結局カロリーオーバーしてしまうので、アルギニンを食品で摂取するなら大豆や魚介類からの摂取をおすすめします。

大豆製品・魚介類でアルギニンが多い食品

大豆製品でアルギニンが多いのは湯葉と高野豆腐になります。

魚介類の中だと鰹節やエビがアルギニンが多く含まれています。

その他お菓子感覚でナッツを食べさせてあげるのも1つの有効な方法になります。

 

朝食やお弁当などで使うことの多い卵ですが全卵100gはMサイズ卵2個分ぐらいになります。

これでアルギニンが3.1g摂取できます。

あと残りの0.9gは普通に豚肉、鶏肉、牛肉を食べていれば問題なく1日に子供が必要なアルギニンを摂取できる計算になります。

卵は1日2個までが目安になりそれ以上になってしまうとコレステロールが高くなりますのでご注意ください。

 

ですがアルギニンの摂取ばかりに気を取られて食事の栄養バランスが偏ってしまっては本末転倒です。

なのであまり食事でアルギニンを摂取しよう!と意気込まなくても栄養バランスの取れた食事を食べていれば1日4gのアルギニンは摂取できるレベルだと思います。

アルギニンさえ摂れば良いは誤解!アルギニン以外の栄養素も成長には重要!

子供の成長のために成長ホルモンの分泌を促すアルギニンは大切な栄養素ですが、アルギニンだけ取っていれば良いというは誤解です。

その他にもカルシウムやマグネシウム、亜鉛やタンパク質、ミネラルやビタミンDなどその他栄養素のバランスも大切になります。

でもこれだけ多くの栄養素を毎食毎食考えて作るのは頭が痛くなりますし、絶対に続きませんよね?

続かなきゃ全く意味がありません。

 

だからこそ栄養補助食品などで簡単に補うことがママ目線では重要。

これら全ての栄養素を1杯で補うことができる成長飲料があります。

それはアスミールという成長飲料になります。

アスミール1杯で1日に必要な栄養素の84%を摂取することができます。

しかもアルギニンも配合されている優れもの。

食事分で摂取するアルギニンのことも考えて開発されていますので副作用の危険性も心配ありません。

牛乳で溶かして1日1杯飲むだけなのでですし、ココア味なので美味しく子供も続けることができます。

何よりも親にとって献立を考えたり栄養バランスをじっくり考える必要がなくなるので家事がすごく楽になります。

 

最初はアルギニンの量や栄養バランスを考えて食事を作っても3日だけしか続かなかった。それじゃ意味ないですからね。

いかに継続するか?が重要で3日アルギニンを摂っただけでは効果なし。最低半年は継続する必要があります。

 

あなたは子供のためとは言え半年間もアルギニンの量や栄養バランスを考えて1日も休むことなく続けることができますか?

99%の親御さんが「それは無理だよ!」って結論だと思います。

 

だからこそいかに無理なく、楽して継続することができるか。

 

それを考えるとアスミールのような成長飲料を上手に活用する方が親御さんもお子さんもストレスなく続けることができると思います。

アスミールのようなものを上手に活用して家事、ママの負担を減らしながらも栄養はしっかり補うことができる。

まとめ

食事でアルギニンを摂りすぎて副作用になるってことはほとんどないですので安心してください。

子供の場合で15gだと考えると

 

豚肉:1kg

えび:570g

全卵:約480gMサイズ卵約10個分

1日にこれだけの量を子供に食べさせることは逆に不可能ですからね。

 

このように食事からアルギニンを摂取しても副作用の心配は気にすることはありません。

ですがアルギニン不足によって人生で1度しかない子供の大切な成長期にしっかり身長や体を大きくすることができなくなります。

過剰摂取よりも不足している心配を親御さんはするべきです。

アルギニンは体内でも生成できるアミノ酸ですが、子供の場合はまだまだその能力が低いので外から取り入れるのが必須です。

食事では正直カロリーオーバーなどなかなか摂取することができませんので、先程紹介したアスミールなどを上手に活用するべきです。

子供のために何かしてあげられるのはあなたしかいませんので!

アスミールの関連記事
  • アスミールとセノビックどっちがいいの?身長伸ばす効果が高いのは?
  • アルギニンに副作用はある?子供の身長を伸ばす成長ホルモンを促進する効果あり!
  • アスミールの効果は本当?小6の息子に10ヶ月試した全記録・レビュー
  • アスミールの成分からわかる子供の身長を伸ばす効果とは?
  • アスミールの副作用は?子供に飲ませるものだから徹底的に調べてみた
おすすめの記事